【シロレポ】活動報告と課題と懸念とおまけと

 
こんばんは、ふくろくん(id:Chachapo)です。
 
ここ最近全くと言っていいほど、バンドの活動状況について書いていなかった気がするので本日はそのお話を・・・
 
 

今月中にもう一度練習を行う予定です!

 
前回も無事にギタリストNが遅刻してから練習を行いましたが、初回練習時とはうってかわって、細かな課題が浮き彫りになってきました。
 
個人のスキルレベルや他人と音を重ね合わせるという点において、「実際自分たちはどの程度のレベルなのか」という認識を改めてする必要がありそうです。
 
それを踏まえ、今月行う練習で「自分たちのレベルで達成できる目標」を皆で一緒に作ることができないと、右往左往してしまい、理想と現実の乖離ばかりに直面する事になるのではないかと、リトル危惧しています。
 
 
理想にすぐには届かないということがわかると、格段に今やっている事が楽しめなくなる原因のひとつになります。(ブログ初心者が初月でPV300,000目指す!といって、達成できない場合に沈没していくパターン)
 
バンドという複数で音を作る形態となると、目標というものは言葉だけでは非常に曖昧になってしまうので、本来であれば実際に音でイメージ(目標)を共有する事が大事だと思いますがどうしようか悩み中です。
仕事と時間を言い訳にして申し訳ないですが、本当は自分がオケを作ってしまえば早いのはある・・・
 
兎にも角にも、「今の自分たちが手に持っている物だけで、どう表現できるのか、どう表現したいのか」について話し合うことが先決かもしれません。
 
そして今行っているのはあくまで「カバー」なので、目標の1つである「オリジナルを作る」というところまで行くにはより多くの時間と努力を費やす必要になってきます。
 
長い道のりになりそうですが、練習曲をマスターしていく上で、グループ内の連携、進め方などコミュニケーションの仕方をしっかり固めていきたいですね。
 
 

社会人バンドの難しいところ

 
比較的自由に時間が使えた学生の時と比べると、どうしても「練習の量と頻度」が格段に下がってしまいます。
 
皆さん本当に忙しいので、おそらく自宅での個人練習なんてほぼ出来ない状態だと思います。なのでスタジオで練習して合わせるのですが、その時間だけで大幅にレベルアップなんてやっぱり無理があるお話ではあります。
 
これが難しいところで、他人から練習しろとプッシュし過ぎても萎えてしまいますしね・・・どういう言い方をするにせよ・・・
バンド内のモチベーションの統一と、実際に個人が練習にどれだけリソースを割けるかはまた別の話でもあり、自分はそのバランスが掴めていません。いかんざき。(「ダメよ〜ダメダメ」よりさんまの「●●したら、ダメダメ!」の方がピンと来ます)
 
ただ、これからバンドとして成長するとなった時に、まず個人レベルの壁が当人に必ず立ちはだかるので、「個人レベルのスキルの壁」→「バンド全員のダイナミズムの壁」の順に障害を取り払っていくために頑張らねばですね!
 
偉そうな事色々言っていますが、日和見主義のゆとり教育世代の自分としては、「友人と楽しむ」ことを前提に出来る事をやっていこうと思います。
というわけで今年もシロキジ、頑張っていきます!!
 
 
 
 

おまけ:ギタリストNと特訓中

 現在のメンバーの編成上、皆で練習している曲を楽譜そのまま再現とはできないので、自分ともう一人のギタリストとアレンジを決める為に特訓中です。
 
ただ、彼は去年ギターを初めたばかりで、自由に自分のアレンジを入れていくのはハードルが高いです。なので(ベースもいないですしおすし)本当にシンプルな伴奏となるようにして、まず曲の構造や骨組みを覚えたりが最初のステップかなと。
 
昨日もスタジオで一緒に練習しました。
実は深夜二時にスタジオを決めて、朝九時に練習という無茶苦茶っぷりだったのですが無事来てくれたのがとても嬉しかったです。
 
何故か彼はいつもiphoneの充電を3〜4%にキープしているのが男気溢れているなと思います。