3ジャンルの海外無名アーティストを発掘&紹介します!

http://www.flickr.com/photos/16262447@N00/18634327

photo by Dean Terry

 

こんばんは、ふくろくん(id:Chachapo)です。

今夜はふくろが1週間の間にディグった音楽の中から、ファーストインプレッションで気に入った海外の無名アーティストをご紹介します。

 

ディグるって・・・

「はて、ディグるってなんだ?」と思われる方もいるかもしれないので、念のために説明をすると、DJやラッパーが好みの音源・レコードなどを探すときに、スラングとして「ディグる(掘る)」という言葉を使います。

 

既に古い言葉になりがちな気がしますが・・・・

リアルで使うとちょっと小恥ずかしいですが、音楽探しは「ディグる」と覚えましょう。

ディグりましょう。

 

Bandcamp

今回はBandcampというサイトを元にしました!


Myspace, Soundcloudとも類似したサービスですが、このサイトでは音楽データ・グッズを販売、バンドページのアクセス解析、ファンディングっぽいことなど、現代の音楽活動においては欠かせない包括的なミュージシャン支援webサービスです。

 

Jamendoなど他にも無名新人・(セミ)プロの音楽視聴が出来るサイトは山のようにありますが、今回はBandcampに絞ってお送りします!

 

本日のメニュー:ジャズ、アイリッシュ、エレクトロニックミュージック

  • ジャズ:New Cool Collective
  • アイリッシュ:Bully's Acre
  • エレクトロ:NΣΣT

試聴はたくさんできますので、下のプレイヤーを駆使してくださいまし!

 

New Cool Collective - Electric Monkey Sessions

 

ちょっと小躍りしながらお酒を準備したくなるような小気味よいアルバム。

オランダはアムステルダムのスタジオで録音されたそうですが、うち2曲はNew Cool Collectiveがセネガルで出会った様々なローカルミュージシャンと共にセッションを行い出来上がったものだそうです。

最近は日が落ちるのも大分早くなりましたが、少しラテンテイストを取り入れて気分を明るくするにはよさげなバンドです。 

 

Bully's Acre - The Twelve Pins 

 

渋いギターと癒しのアコーディオン、それらを優しく包むパーカッション。

アイリッシュミュージックが強く押し出された曲が、ジャケットのようにウキウキとさせてくれるトリオ。

RPG好き(光田康典とか)はハマるのではないでしょうか。街を巡りながら聴くときっと楽しいですね。

 

NΣΣT - Hanabi

 

ニートならぬNΣΣT・・・最初は日本人かと思いましたが、動画などを見る限りアメリカ在住の日本オタクの方と思われます。

ニートという言葉のイメージとは大分かけ離れた洗練された緻密なエレクトロニックミュージックです。

小難しいわけではなく、曲の展開がシンプルで、時間も短めの曲が多いので、どなたでも聴きやすい普遍的な音楽です。

 

  

最後に

いかがでしたでしょうか?

 

気に入ったものがあれば、BandCampのサイトから直接アルバムを購入することも可能ですし、CD+αなど特典がついてくるものもあります。

アーティストによっては言い値でアルバム一枚購入可能にしているものもありますので、色々探してみてください。

 

では、次回もお楽しみに!

 

ふくろ