わたしが憧れるギタリスト①「Kaki King」

http://www.flickr.com/photos/67164820@N06/13520116773

photo by foxtail_1

こんばんは!ふくろくん(id:Chachapo)です。

 

本日はふくろの憧れているギタリストのご紹介です!

これは勝手にシリーズ化してやっていきたいと思います!

 

記念すべき第一回は「Kaki King」

 

Kaki Kingのひととなり

カーキ・キングはアメリカの女性ギタリストです。本名はKatherine Elizabeth King。

1979生まれで、New York大学卒業。2012年には「女性」と結婚されているようです。

 

彼女のパフォーマンスはジャズで使われるようなやや複雑な和音使いと、ギターの弦やボディをパカスカ叩くパーカッシヴ奏法が特徴的です。

また、普通のギタリストがほとんどすることはない「ダブルオープンチューニング」や「ヴィオラチューニング」などで既存のギターの音域を変えて演奏する、ロシアの伝統楽器の7弦ギターを用いるなど、非常に独創性に富んでいます。

 

2006年には、ローリングストーン誌が発表した"The New Guitar Gods"の中で唯一の女性、最年少のギタリストとして選ばれています。

 TVや映画の作曲なども行っており、有名どころではショーン・ペンが監督をした「Into The Wild」に携わっています。

 

イントゥ・ザ・ワイルド [DVD]

イントゥ・ザ・ワイルド [DVD]

 

 

前置きはこれでよしとして早速聴いてみましょう!

 

超絶テクニックを写しているだけのPV


Kaki King - Playing with Pink Noise - YouTube

 

最初は「手抜きか!」と思いましたが、皆さん彼女の真似をして弾くことなんて簡単にできるでしょうか?

ふくろはこれにとてもショックを受けて、何度も真似をしようとトライしましたが全然だめでした・・・

ちなみにKakiのフィンガースタイルというか指ですが、コーティングされているため音のアタック感が指の腹で弾くよりも強く出るようになっています。

 

ラップスティールギター1本から生まれるループで織りなす幻想的な曲


Kaki King - Gay Sons Of Lesbian Mothers Video HQ - YouTube

 

曲のタイトルが少しきつめですが、彼女が女性と結婚されているところから色々思うことがあったのかもしれません。

おそらくギターのアウトプットにはMIDI SYNTHが付いているのでしょうか、ギター1本から様々な音が出ているように撮影されています。

一部は後付けの音ですが、ライブでも一人で同様のループ群を作り出し再現されています。

 

超癒し系の歌も歌える


Kaki King - Yellowcake - High Quality - YouTube

 

 

 

外見の割に、というと大変失礼かもしれませんが、とても若々しい声で歌う曲があります。

彼女の曲はほとんどがインストのみなので、珍しいのですが、こういったPOPな曲にはぴったりな歌声です。 

意外とアンビエントな音が多いのです。

 

教会でストリングスとともに熱い演奏を聴かせてくれます


Kaki King & ETHEL - "Great Round Burn" - YouTube

 

アルバム「Glow」にあるこの曲はケルト音楽の影響を受けつつも、ふんだんにストリングスを取り入れ、楽曲の幅を広げています。

ここでは彼女は12弦ギターを使っていますが、あくまで楽曲の一部としての演奏に終始しており、初期の「自身だけで作った音」とは大きく方向が変わってきていますね。

長編ソロライブ@TED Talk


Performance: Kaki King at TEDxNavesink - YouTube

 

TED TALKにてソロライブもしています。どのように演奏しているかじっくりご覧ください。 

 

Kaki Kingの使用ギター

Kaki Kingの腕が認められ、著名な米ギターメーカー「Ovation Guitars」よりシグネチャーモデルを作ってもらっています。

Ovationのギターはサウンドホールが弦の下ではなく、ボディのストラップピンをつける辺りにあるため、見た目が非常に不思議と美しいです。

Kaki Kingのシグネチャーモデルは↓から(英語)

Ovation Guitars

 

Kaki Kingのオススメアルバム

どのアルバムもオススメですが、特に「Until We Felt Red」が良いです!

これはTortoise, The Sea and Cakeのリーダー格であるJohn McEntireをプロデューサーに迎えています。

なのでくどくない!そうくどくない!!!

(TortoiseもThe Sea and Cakeも大好きなんです・・・)

 

どちらかとゆったりと癒し系な曲が多いのでどなたでも安心して聴ける曲が多いと思います。

アルバム中では、

「Yellowcake」

「I Never Said I Love You」

「You Don't Have To Be Afraid」

が特に良いのでぜひご視聴あれ!

Until We Felt Red

Until We Felt Red

 

 

 

11月4日に新作も出ています

未発表曲がたっぷりの「B-Sides&Rarities」がつい数日前に出ました!こちらもぜひ聴いてみてください!

 


Kaki King - "Tunnel" Official Music Video - YouTube 

Everybody Glows: B-Sides & Rarities

Everybody Glows: B-Sides & Rarities

 

 

ふくろ